スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
たんぱく質の変質
2008 / 03 / 05 ( Wed )
どうも。昨日は風邪と花粉症のダブルパンチでまともにパソコンなんか触れてやしない管理人です。

これまでおちょくってきた花粉症の皆さん、本当に申し訳ございませんでした。


タイトルと本題がずれてるのは気にしない。これからたんぱく質の変質について書く。


お肉とかお魚とかって焼くと生の状態からは明らかに状態が変化しますよね。

それが酸でも起こるといわれて俺音耳に水でした。

教えてくれたのは狭山高校の陸上部の小栗君。さすが理系。

言われてみればしめ鯖とか酢の物の具って生の状態より硬い感じではありますよね。

それを本当かどうか調べるためにしめ鯖作ってみました。

んで今でたぶん4時間ぐらい漬け込んでるけれど、若干ピンクがかった身がもうあの白く透き通った感じになってます。

あしたのおかずでした。

なんか彦麻呂みたい。


それと時間を掛けてもたんぱく質は変質します。

それがわかったのは今日の11時ごろ。

久しぶりに走りに行ったら、足がもう無理です。つか、攣りました。

心臓の心拍数もえらいこっちゃですし、息も切れ切れです。

挙句の果てに運動場の隅っこでアザラシの多摩ちゃんのごとく、ぐれーっとなっていました。

時間って怖いですね。



さっきこの記事を書いてるときに、代ゼミの入学案内が届きましたことをお知らせします。

もしかして合格してなかった?

おわり。
スポンサーサイト
戯言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おら東京さいくだ | ホーム | 花粉症>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poiu999.blog73.fc2.com/tb.php/679-19714ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。